1982年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。『スリランカ文化三角地帯』と呼ばれる遺跡の多い地域の中でも、特に巨大な遺跡群のひとつです。

ポロンナルワはインドのチョーラ王朝により追われたビジェーバーフ王が11世紀にシンハラ王朝2番目の都を置き、以降約240年間首都として栄えた場所です。宮殿跡、会議場跡のほか、パラークラマ・サムートゥラヤ(灌漑用貯水池)、ランカーティラカヤ(巨大な寺院)、キリ・ヴィハーラ(仏舎利塔)、ガル・ヴィハーラ(巨大な一枚岩を掘って作った4体の仏像)等多くの見どころがあります。

1982年にユネスコの世界文化遺産に登録されたシギリヤロックは、スリランカで最も有名な観光スポットのひとつです。覆い茂るジャングルの中にポコッと浮かび上がる『シギリヤロック(ライオンロック)』は地上200Mの高さの岩山で、この上には遥か昔、カーシャパ王(477-495年)によって宮殿が築かれました。

カーシャパは、まだ王子だった頃に実父であるダートゥセナ王を殺し、自ら王位を奪いました。カーシャパは長男ではありましたが正妻の子ではなく、正妻の子である弟モッガラーナに王位継承されることを懸念したためです。当時弟は幼かったためすぐにインドへ逃げましたが、やがて青年になると父親の敵討ちに、スリランカに戻って来ます。このシギリヤロックはカーシャパ王が弟の報復を恐れて築いた宮殿でしたが、結果的にカーシャパは弟軍に敗れてしまいます。

ここには3層構造の庭園、ミラーウォール、『シギリヤレディ』という名で知られる美女のフレスコ画、ライオンゲート、宮殿の基礎跡など、様々な見所があります。岩山の頂から見る壮大な景色も大変素晴らしく、訪れる人々の記憶に深く刻まれることでしょう。

1991年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

今から約2,000年前、ワラガンバ王がインドとの戦いに敗れてアヌラーダプラから逃げて来たときに、たまたまダンブッラで見つけた自然の洞窟が、この石窟寺院の起源となります。当時はこの洞窟の中で僧侶たちが生活をしていましたが、ワラガンバ王はここに隠れて次の戦の準備をし、その後2回の戦争に勝つことが出来ました。そこで彼は僧侶たちに感謝の意を伝えるべく、洞窟内に壁を設けて5つの部屋に分け、中に多くの仏像を作りました。時が経ち12世紀、ニッシャンカマッラワ王がこの地を訪れた時、洞窟内の仏像はひどく風化し汚くなっていたので、修復して金箔を貼りました。これにより、ダンブッラの石窟寺院は『黄金寺院』と呼ばれるようになりました。そして今から200年ほど前、再び風化し汚くなっていましたが、時のキールティ・スリー・ラージャシンハ王は経済難の為に金箔を貼ることは出来ず、黄色い顔料で上塗りを行いました。同時に天井にも漆喰を塗り天井画を描きました。

ここには新旧合わせて163もの像があり、様々な時代の芸術観や技術・様式を見ることができます。

アヌラーダプラは紀元前(BC)5世紀から紀元(AD)10世紀に渡って、スリランカで最初の都が置かれた都市で、1982年にユネスコの世界文化遺産に登録されています。

2,200年以上前、ブッダはインドのブッダガヤにある菩提樹の木の下で悟りを開いたと言われていますが、ここアヌラーダプラに祀られている『スリー・マハー菩提樹』は、その菩提樹を株分けして紀元前(BC)236年に持ってきたものであると伝えられています。その為今でも仏教の聖地として、世界中から多くの信徒たちが巡礼に来ています。

イスルムニヤ寺院、ルワンウェリ・マハーサヤ(巨大な仏舎利塔)、ジェータワナヤ(3世紀に作られたレンガ造りの仏舎利塔)等が見どころとなっています。

1988年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

聖地キャンディはシンハラ王朝最後の都が置かれた都市です。町の中の32か所が世界遺産として登録されていますが、中でも最も重要なのが仏歯寺です。

ブッダがインドで入滅し葬送した際、ある僧侶が神通力を使って仏歯(ブッダの歯)を1本取り出したと言われています。僧侶はこれをブラックマダッタ王に渡しましたが、この仏歯を巡る争いが絶えなかったため、4世紀になってヘーママーラとダンタダードゥはこの仏歯をスリランカに持ってきました。シンハラ王朝(スリランカ)ではそれ以降、この仏歯を守るのが王様の大事な役割になりました。スリランカにおける仏歯はヨーロッパにおける王冠と同じ位置づけで、王位を継承するときには必ず仏歯も継承していたのです。歴代の王たちは都を移すたびに新しい仏歯寺を建て、その中に納めてきました。時が経ち19世紀、イギリスの植民地時代にスリランカ最後の王様が捕らえられたことにより王制は途絶え、キャンディの地に仏歯が残されました。

なお、キャンディで最大のイベントは毎年7-8月に行われる『エサラ・ペラヘラ祭り』です。この祭りは仏歯が納められている舎利容器をゾウの背中に載せて町中を練り歩くものですが、民族衣装で着飾った踊り手や演奏者達、最大で100頭を超えるゾウが一緒にパレードを行い、大変な賑わいを見せます。

1988年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

ゴールはスリランカ南部最大の町ですが、古くから繰り返し外国の支配を受けてきた場所です。14世紀、アラビア人たちが東方貿易の拠点としたことからゴールは港町として栄えました。16世紀にポルトガルの入植者たちがこの地に小さな砦を築くと、17世紀にはオランダの入植者が高い技術で砦を大きく拡張し、その中に町を作り上げました。教会やモスク、スリランカ最古の洋式ホテルなど、この時に作られたコロニアル建築物は現在も使われています。その後19世紀にイギリス支配下に置かれた際も、イギリス人たちはこの立派な要塞を使い続けました。

2004年に発生したインドネシア・スマトラ沖地震は、広範囲に津波を発生させました。この時インド洋で発生した津波がゴールに到達したときは6メートルもの高さになっていましたが、頑丈に作られた砦が旧市街を守りました。城壁の外では多くの死者が出たにもかかわらず、砦に囲まれた旧市街では1人の死者も出なかったのです。それ以降、ゴール旧市街は「奇跡の世界遺産」と呼ばれるようになりました。

コロンボはスリランカ一の大都会です。古くからヨーロッパとアジアを結ぶ中継地として発展してきた経緯があり、現在も変わらず文化・経済の中心地です。フォート地区には植民地時代のコロニアルな街並みが残り、当時の伝統を守り続けるホテルなども健在です。またペター地区には巨大なマーケット街があり、人々の喧騒の中に庶民の生活を肌で感じることが出来ます。

コロンボは近年急速に開発が進んでいて、年々新しい高層ビルが増え続けています。様々なお店や飲食店があるのでショッピングや食事には困りません。尚、コロンボはスリランカの首都と思われている方も多いのですが、実際の首都はスリー・ジャヤワルダナプラ・コーッテです。

ヌワラエリヤはシンハラ語で『光の町』を意味します。海抜約2000メートルの高原地帯の中央に位置する避暑リゾート地で、周囲は広大な紅茶畑に囲まれています。町の中央にはイギリス入植者たちの生活の名残があり、コロニアルホテルやゴルフ場、競馬場、美しい庭園等があり、イギリス・スタイルのバンガローも多く目にします。低地の暑さから逃れてゴルフ・乗馬・ボート・ハイキング・ハイティー(スリランカ式アフタヌーン・ティー)等、様々なアクティビティを楽しむことができます。

シンハラージャ森林保護区はスリランカの国立公園の一つで、1988年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。「シンハラージャ」とは『ライオンの王国』の意味で、ここでは樹木、昆虫、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類など83種の固有種が確認されています。鬱蒼と植生の覆い茂った雨林で、調査が進めば固有種の数はさらに増えるだろうとも言われています。ここでは15頭程度のヒョウが稀に目撃されます。異なる種類の鳥類が群れをなす「混群」も見られる土地で、スリランカに棲息する33種の固有種の鳥のうち、セイロンサンジャク、アカガオバンケンモドキ、セイロンバンケンといった雨林に棲息する固有種全てを、この保護区内で見ることができます。

2010年に「ナックルズ森林保護区」「ピーク・ウィルダーネス保護区」と合わせて『スリランカの中央高地』としてユネスコの世界自然遺産に登録された国立公園です。紅茶畑で有名なヌワラエリヤから、車で約1時間の場所に位置します。早朝に訪れるとサンバー(大きな鹿)やセイロンヤケイ(スリランカの国鳥)など、多くの野生動物に会うことが出来ます。広大な敷地の中には一周約9km、3~4時間程度のトレッキングコースが整備されており、小川のせせらぎを聞きながら歩けるので、大変清々しい気持ちになります。スリランカ固有の植物も多く茂り、自然愛好家には人気の場所です。このトレッキングの中で一番の見所は「地の果て」という意味の『ワールズ・エンド』。約1000メートルもの高さの断崖絶壁です。周囲に安全柵は無く、ほぼ垂直に切り立っているのでかなりの恐怖を感じますが、そこからの眺めは大変素晴らしく、見る人の心を魅了します。午前10時を過ぎると霧がかかってしまいますので、やはり早めの時間に訪れるのがお勧めです。

実は、スリランカではジープ・サファリが出来るのです。ヤーラ国立公園はスリランカで最も人気のある国立公園のひとつで、野生動物のサファリが出来る場所としては二番目に広い国立公園です。ここではレオパード(ヒョウ)、ゾウ、水牛、クマ、クジャクなど、215種類の鳥類と44種の哺乳類が確認されています。より多くの野生動物に出会うためには早朝から出発することをお勧めします。8月末~10月中旬は閉鎖されますのでご注意ください。

尚、スリランカでは季節や場所を違えて一年中ジープ・サファリを楽しむことが出来ます。ヤーラ国立公園以外にもご案内できる国立公園は多数ありますので、お気軽にお問い合わせください。

シギリヤ・ロックから比較的近い場所でジープ・サファリを楽しめます。ここは現在、スリランカ国内で最も多くのゾウに出会える場所として知られており、タイミングが良ければ2時間で1,000頭ものゾウに会えることもあります。ジープのドライバーが経験と勘、そして情報網を駆使し、ミンネリヤ、エコパーク、カウドゥッラの3か所から、その時季・時間帯で最も観測率の高いエリアを案内してくれます。

お客様の満足度がとても高いアトラクションのひとつです。

ピンナワラには、スリランカの野生生物保護局により設立された『ゾウの孤児院』があります。ここでは親を亡くしたり迷子になってしまった子ゾウの他、怪我や病気をしたゾウなど、人の力を借りないと生きていけないゾウたちを保護しています。最近では常に100頭前後のゾウが施設の中で生活しています。 9:15と13:15に子ゾウのミルクタイムがありますが、観光客もミルクをあげる体験ができます。時間に関係なく果物をあげることも出来ます。また、もう一つ観光客の人気を集めているのが水浴びタイム。ゾウ達は決まった時間になると列を作って施設を出、細い商店街を抜けてマハオヤ川へ水浴びに行くのです。一回の水浴び時間は2時間で、水浴びが終わるとまた同じ道を引き返していきます。目の前で見るゾウの大移動は、とても迫力があり、印象的です。水浴びは10~12時と14~16時に行われています。

「ペラヘラ」とは、もともと「行列」を意味する言葉で、その名の通り長いパレードを行うお祭りです。スリランカ各地で行われているお祭りですが、最も規模が大きく、且つ有名なペラヘラ祭りは、世界遺産の街キャンディで毎年7-8月に行われる『エサラ・ペラヘラ祭り』です。アジアの三大祭りのひとつと言われ、毎年100万~150万人もの観客を集めています。鞭を打ち鳴らすグループ、太鼓などを叩き演奏するグループ、キャンディアン・ダンスと呼ばれる伝統舞踊を披露するグループ、松明(たいまつ)を振り回すグループ、綺麗な衣装と電飾で飾られた100頭前後のゾウ・・・ 3~4時間をかけて、3~4kmの道のりを歩きます。祭りの中で最も盛り上がりを見せるのは、パレードの後半で、仏歯が納められた金色の舎利容器を背中に乗せたゾウが登場するときです。仏歯が仏歯寺の外へ運び出されるのはこのお祭りの時だけですので、このゾウが目の前を通過するとき、人々は皆起立して仏歯に祈りを捧げます。 仏歯に敬意を示す仏教色の強いお祭りであるとともに、雨乞いの儀式でもあります。

7-8月に行われる「エサラ・ペラヘラ祭り」のほか、毎年2月にコロンボで行われる『ガンガラーマ・ペラヘラ祭り』も比較的規模が大きく有名です。

11月~4月(日本が冬~春の時期)にビーチ遊びをするのに適した海岸です。スノーケリングやサーフィン、イルカ&ホェールウォッチングなど、様々な楽しみ方があります。一年を通じて海がめがやって来ます。 詳しくは[スリランカでの体験]ページをご覧ください。

4月~10月(日本が初夏~秋の時期)にビーチ遊びをするのに適した海岸です。スノーケリングやサーフィン、イルカ&ホェールウォッチングなど、様々な楽しみ方があります。 詳しくは[スリランカでの体験]ページをご覧ください。